地元工務店の選び方

それぞれの方向性を確認しておく

注文住宅を建築する場合、地元工務店を選ぶ人は多いですが、工務店といっても実は様々な種類があります。その種類を事前に確認したうえで選ぶようにしましょう。例えば、工務店といってもそれぞれ専門分野があり和風住宅を専門的に建築しているところは和風住宅以外はあまり得意ではありません。そのため、和風住宅を建築したい場合には和風住宅を専門的に扱っている工務店を選ぶべきです。一方最近は、輸入住宅なども取り扱っている工務店が増えてきています。少し個性的な輸入住宅を建築したい場合は、輸入住宅を専門的に扱っている工務店がよいでしょう。こだわりを持っている工務店の場合には、海外から資材を輸入してくれるだけでなく、海外の家具なども取りそろえてくれるところもあります。

実際に建築された住宅を見てみる

地元の工務店選びでも、おおよその方向性が分かったならば、実際にその工務店が建築した過去の住宅を見せて貰うてよいでしょう。工務店がモデルハウスなどを所有していればモデルハウスに行き見学するのがよいです。ですが、工務店でモデルハウスを所有しているところはあまり多くありません。そこで、多くの工務店では過去にいくつか住宅を建築していますので、すでに建築した住宅を見学させてもらう方法もあるでしょう。中には、すでに人が住んでいる住宅でも見学させてくれるところがあり、見学ツアーを組んでいるところもあります。ツアーは定期的に行っていますので、ツアーが開催されている時期をホームページなどで確認し参加してみると良いです。

注文住宅は手が届かないけど新築が欲しい。そんなとき建売住宅にすると、比較的費用も抑えられて新しい家を手に入れることができます。