ハウスメーカーで建てるデメリット

注文住宅なのに自由度が低い?

家づくりを始めようとしたときには、こんな家に住んでみたい、あのメーカーのキッチンを採用したい!と自分たちのこだわりが出てくることもあると思います。しかし、こだわりが強い場合はハウスメーカーとの注文住宅は少し立ち止まった方が良いかもしれません。というのも、ハウスメーカー各社はそのスケールメリットを活かして、メーカーを指定して材料を大量発注することによるコストカットや工法を規格化することによる人材育成や人件費の削減を行っていたりする場合があり、定められた仕様の範囲内でしか選択できないことがあるのです。
定められた範囲ではないものを選択すると、オプションと称して想定外の費用を請求される場合や、そもそも選択すらできない場合があります。検討しているハウスメーカーの採用している仕様はどの程度なのか、希望する仕様は選択することができるのか、メーカーにしっかりと確認をしておきましょう。

担当がコロコロ変わる?

ハウスメーカーはサービスごとに担当がつくケースが多いです。もちろんそれぞれの分野での高い専門性を期待できるというメリットもありますが、たとえば営業の担当者に伝えた希望が設計の担当者には伝わっていなかったり、一番困るケースだと、打ち合わせの内容が施工担当の大工さんや進捗状況を担当する施工管理者に伝わっていなかったりするケースがあります。打ち合わせで伝えたこだわりが現場には伝わっておらず、家が完成して初めて気づいたときには、時すでに遅しとなるとせっかくの注文住宅なのに残念な結果になってしまいます。
また、分野によって担当が変わるために相性の良くない担当者に当たってしまうこともあるかもしれません。営業担当の人柄で決めたのに、打ち合わせは相性の合わない設計担当とずっと話し合いを続けることになったというケースも実は少なくありません。組織が大きくなると分業制のデメリットが生じやすくなります。