ハウスメーカーの選び方

近くの住宅展示場に行こう

注文住宅を建てる場合にまず決めなければならないのは、どのハウスメーカーに建設を依頼するかということです。世の中には大手から中小に至るまで数多くのハウスメーカーが存在しているため、その中からいかにして自分の希望をかなえてくれるところを選び出すかは重要な検討事項といえるでしょう。なるべく多くのメーカーの情報を仕入れ、それぞれを比較して自分に合ったところを選定するというプロセスが不可欠ですが、そのために有用なのが各地に設けられている住宅展示場に行くということです。展示場という限られたスペースに多くのメーカーがモデルハウスを設けていることから、一度に多くの情報を収集するためには、これ以上に適した場所はありません。

事前に要件を整理しておくこと

住宅展示場に行くことによって、様々なハウスメーカーについての情報を収集することができるわけですが、それを活用するためには自分がどのような家を建てたいのかというイメージをあらかじめ固めておくことが肝要です。自分の中で理想の家を実現するために必要となるポイントを箇条書きにしたうえで、何度も見直すことによって徐々にメーカーに求める要件をクリアにしていくとよいでしょう。要件が整理できれば、それらをなるべく多く叶えてくれる可能性が高いメーカーを絞り込んでいき、最終的に2、3社に絞った上で、各社に見積もりを提示させるというのがお勧めのプロセスです。最後に価格を競わせることによって、なるべく支出を抑えた家作りが可能となります。